ナノ工学・材料工学分野

顔写真(原口先生)   顔写真(橋本先生)  顔写真(古部先生)  顔写真(富田先生)  顔写真(岡本先生)

  教授 原口雅宣     教授 橋本修一     教授 古部昭広    准教授 富田卓朗     准教授 岡本敏弘

 

研究課題

 □ナノサイズ機能性光素子の開発

 □スプリットリング共振器及び光メタマテリアルの作製

 □プラズモンを利用した非線形ナノ光学

 □パルスレーザーによる新材料創製

 □プラズモン加熱によるナノファブリケーション

 □半導体光物性評価技術の開拓

 □半導体材料の光誘起改質

 □ナノ材料での電子移動ダイナミクス

 □太陽電池・光触媒の反応メカニズム

%e5%8e%9f%e5%8f%a3g%ef%bc%88%e7%a0%94%e7%a9%b6%e8%aa%b2%e9%a1%8c%ef%bc%89%e7%94%bb%e5%83%8f

 

研究トピックス

●ナノ微粒子単体の非線形高額特性評価

 直径数10nmの銀微粒子にCdSがコートされた微粒子を作製し,入射光強度に応じて光散乱強度が非線形に変化する様子を1個の微粒子で観測することに成功 した.さらにその信号からCdSの複素3次非線形感受率スペクトルを求めることに成功した。

原口G(研究トピック)-1

 

●ナノ材料太陽電池における電子移動ダイナミクス

 半導体ナノ粒子は、安価、軽量、フレキシブルな次世代の太陽電池材料として注目されている。フェムト秒レーザーを用いた時間分解分光法により、増感色素と金属酸化物ナノ粒子焼結膜からなる色素増感太陽電池の電極表面における、超高速の光誘起電子移動メカニズムを解明した。

原口G(研究トピック)-2

 

●SiCのフェムト秒レーザー改質による局所電気伝導度制御

 フェムト秒レーザー照射によってワイドギャップ半導体の一種であるシリコンカーバイド(SiC)の局所電気伝導度を制御することを目指して研究を進めている. フェムト秒レーザー照射によって閾値特性を持つ急激な抵抗値の現象が確認された。

原口G(研究トピック)-3

 

 

PAGE TOP